神楽坂に暮らす ~おすすめ神楽坂便利情報サイト~

神楽坂レポート

2018.11.01 【報告】飲食店さんに調理キットを作ってもらうプロジェクト vol.2

こんにちは。神楽坂に住んで7年目、最近腰が痛く、人生初のぎっくり腰の襲来か?と怯えているSPY(サイ)です。

笑顔!余裕が出てきましたね~

 


1.前回(vol.1)の振り返り


育児のための長期休暇をとって専業主夫っぽいことをしてみたら、料理の準備がとても大変。自分のような共働き家庭の人たちもみんなそれぞれ大変。働き方改革もいいけど、こっちもなんとかしたい。ということで構想したのが「飲食店さんに調理キットを作ってもらう」というサービスでした。

前回(vol.1)の内容はこちら

検討資料(抜粋)


2.協力店探しの旅のお話


 

さて、まずは協力してくださるお店がないと話が進みません。

実はこのサービス、調理キットを使う家庭もさることながら、それを提供する側のお店にも複数のメリットが想定されます。具体的には、調理キットの売上もありますが、その他にも、来店した人が付け合わせの副菜やデザートを買ってくれたり(ついで買い)、キットの利用をきっかけに店に来てくれる人が出てきたり(新規客の獲得)、といったメリットがあるはずです。

そこで、そうしたメリットを整理した資料を携えて商店街の偉い方のところへ突撃!まずは実験的なモニター商品の作成に協力してくださる店舗の紹介をお願いしました。

 

その結果、ありがたいことに店舗をご紹介頂きまして、店主の方への取り組み内容のご説明を経て、ご協力頂けることと相成りました。

試作品の調理キット(ナポリタン)


3.モニター探しの旅のお話


 

これで、キットの第1版はできましたが、使って頂ける商品にするためには、使う側の意見が必要です。そこで、モニターテストすることにしました。

実は、そのモニター探しの旅の途中で出会ったのが、ひとまちっくすです。

モニターをどう集めるか、頭が痛かったのですが、ひとまちっくす様の強力なサポートのおかげで、様々なライフスタイルのモニターさんを短期間に集めることできました。

ひとまちっくす様は、こうしたマーケティングの相談にも乗ってくださる神の様な団体です(2018年10月現在)。モニター受託の企業ではないので、おいくらでやります!というわけではなく、受託の可否を含め、対応できる範囲や必要な費用はケースバイケースだと思いますが、気になる方はコンタクトのページからお問い合わせをするとよい出会いがあるかもしれません☆


こうしてご協力頂いたモニター様に試して頂いた結果、ワーママには想定どおりの評価を頂くことができ、サービスの方向性を確認することができました。
もちろん、全面的にOKというわけではなく、サービス開始までに修正すべき点にも気付くことができました。

モニター様用の調理キット

調理中: 外食で不足しがちな野菜を補うため、具を店頭の商品の2倍入れました

完成: 冷蔵庫にある野菜を加えてレシピをカスタマイズした方もいらっしゃいました


4.今後の予定


これからしばらくは、引き籠ってキーボードをカタカタ打ちながら、受発注のwebシステムを作成することになりそうです。それと並行して、サービス開始時に商品を提供してくださる協力店様の確保を進める予定です。(もしもこちらの投稿をご覧になって、話を聞いてみたい!という飲食店の方がいらっしゃったら大歓迎です!)

引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。


※PSY(サイ)さんのプロジェクトは引き続きレポート報告します!お楽しみに~♪