神楽坂に暮らす ~おすすめ神楽坂便利情報サイト~

神楽坂レポート

2019.07.10 【報告】ランチミーティング~これからの神楽坂の情報発について~

6/19(水)のお昼ひとまち神楽坂」さんにて開催されたランチミーティングに参加させていただきました (^^♪
この日のテーマは ”これからの神楽坂の情報発について”
集まった皆さまと熱いトーク討論で盛り上がりました!

ご参加されたメンバーは
ひとまち神楽坂 のユーコさん、
神楽坂周辺にて在職のスタッフ Aa-chan(アーチャン)、
神楽坂ごはん  の株式会社モーグ 渡邉さん
私、神楽坂でアロマテラピーとアロマヨガを展開している アロマリラックスヨガ  のセラピストKEIKAこと宮本です。
本当は  ベジタス  のSPYさんも参加予定でしたが、お子さんが熱を出してしまったため欠席。

会議のおやつ♪

テーマ 「これからの神楽坂
あらゆる媒体からの飽和した情報とわたくしたちはどう向き合うべきなのであろうか?
集まった皆さま方、それぞれ神楽坂に関りがありこれからの神楽坂を盛り上げようと一生懸命( `ー´)ノいろんなアイデアが飛び交い、”神楽坂”の現状についても話し合いました。

わりと熱く語り

”神楽坂” 聞こえはオシャレでグルメなお店がたくさんあって、私には良い印象しかなかったのですが、実際のところ神楽坂”というキーワードはどちらかというとマイナーみたいで、、
ウェブ検索でもまず”神楽坂”で検索している人は、”神楽坂”に興味があってではなく”神楽坂”に何か関りがあって必要だから調べている人がほとんどみたい”(-“”-)”
確かに、グルメ以外で”神楽坂”ってあまり話題にならないような、東京といったら”神楽坂”ってことにならないですよね…どちらかというとこの辺だったら”飯田橋”かな。

神楽坂ごはんの渡邉さん

特に矢来町周辺土日祝日しか人が集まらないので、土日祝日限定で営業しているお店もあるとのこと。神楽坂駅前のシンボルとなっている”ラカグ”(現・アコメヤ)も休日は人で賑わっているけど、平日は閑散としているみたい。
そうなってくると、「これからの神楽坂」を盛り上げる為にどう情報を発信していったら良いのか(-_-;)

神楽坂のビジネス面でも最近は極端な傾向が見られ、大きく展開している企業か、個人で小さくやっている個人事業主かの2タイプに分かれていっていて、その中間がなくなってきているのが現状みたいです。

今回のミーティングにご参加されていたモーグの渡邉さん曰く、最近のマーケティングでは一個人がお店から委託を受けて食べ物を運ぶスタイルの”Uber Eats”が流行っているけれど、これも最初は安く利用者に提供してある程度利用者数のシェアを獲得してしまえば後はグングン浸透していくという仕組みに基づくものらしい。

なかなか深い話に

確かに、初めは無料だったりびっくりするくらい安かったりするけど、一定期間が過ぎたら知らないうちにお金がかかっていたり料金が高くなっていたり、、なんてこともよくあることです(;´∀`)
ただ、こういったやり方は最初の投資資金力がないと叶わない戦略…もともとそれなりに資金力のある企業がなせる技、小さくやっている個人事業主は、やはり地域密着型でご近所の方々と家族ぐるみでのお付き合いを大事にしていった方が続くと思います。
なんでもそうですが、身の丈に合った手法でバシッとターゲットを絞ってメリハリをつけてやっていかないと上手くいかないのかもですね(^-^;

なるほど、なるほど

渡邉さんは、江戸川橋近くのマンションの一角で営んでいる針鍼灸院に家族ぐるみで長年通われているとのことですが、通うきっかけとなったのが奥様の紹介だそうで、たまたま調子が悪かった時に行ってみたところ良かったので今もずっと通っているとのことです。やっぱりご家族みんなが通っていて、調子が悪い時に行けばなんとかしてもらえるという安心感♪そういう”信頼関係”ってとても大事だと思うし納得です!
その針鍼灸院は地域密着型でされていて、口コミで来られている方が多く、家族ぐるみでのお付き合いを大事にされているとのこと。個人でされているのであまりたくさんのお客様を受け入れることが出来ないとのことで、今はHPも閉じてしまって積極的な営業はされていないとのことです。
今通っていただいているお客様を第一に考えられているのですね。素晴らしいです!!!信頼関係もバッチリだし、まさに個人で永く続けていくコンセプトだと思いました。

また、ミーティングに参加されていたAa-chanさんが仰られた、先日のニュースで取り上げられていた、本田圭佑選手がサッカーを教わりたい人を募集「僕がお金を払って教えます」というTwitterが話題になったことについて、
教えてもらう人ばかりがお金を払うというスタイルより、教えたい人がお金を払って教えたい人に教えるというのも新しい視点から見てありですねとの一言に、例えば見習いの講師がお金を払って実際の生徒に教えてみたいだとか、
お金を払ってプロに講義をしてフィードバックを貰いたいだとか、いろんな需要がありそうだとイメージが湧きました。

ちょっと宣伝!

ほのぼのとした雰囲気で行われたランチミーティング。
やっぱり会うって大事ですね(^^)/ ”
これからの神楽坂の情報発について”いろんな角度から視点を変えて見てみたらもっと新たな発見がありそうです!
次のトーク討論会ではもっと話が膨らみそう( *´艸`) 今からとても楽しみです♪

レポートby  KEIKA