神楽坂に暮らす ~おすすめ神楽坂便利情報サイト~

神楽坂あたり

2018.09.09 【報告】大地の芸術祭~新潟から神楽坂の不思議なつながり

新潟 越後妻有で開催されている「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナ ーレ2018」に行ってきました~

新潟なので神楽坂とはなんの関係もないのですが、スタッフ会議で報告したらぜひ書 いてほしいという声があったので少しだけ報告します。

「大地の芸術祭」は2000年から3年に1度開催されている世界最大級の国際芸術祭。
準備期間から計算するともう20年も続いている歴史ある芸術祭です。
私は6年前に観に行って、9月だというのに暑い新潟に驚 きました。田舎=涼しい と思い込んでいたので夏はこんなに暑く、冬は豪雪という 厳しさが新潟の美味しいお米を育てるんだなぁ。。。と実感。アートとは関係ありま せんね(汗)

月日が経つのは早いもので3年前を外したらもう6年

ひとまちスタッフのご隠居貞吉は既に8月半ばになんと5泊!という贅沢なスケジュールで 行ってきたなかり。ご隠居が購入していたパンフレットを貸してもらい、前情報もし っかり仕入れて出発!

今回の人気作品は越後妻有を代表する名所のひとつ、清津峡渓谷トンネルの作品。清津峡の絶景が水に映し出されてなんとも幻想的な美しさ。インスタ映え間違いなし 、いやどちらかというと写真の方が美しく撮れてしまうという作品で混んでいる時は 2時間待ちだったそうですが平日という事もスムーズに観賞出来ました。

ご隠居からの指令で、ご隠居一押しの作品「上郷バンドー四季の歌」の録画。10曲撮影してきて!と言われたものの4曲で勘弁。

クリックすると動画が見れます

不思議なつながりと書いたのは、宿泊した「三省(さんしょう)ハウス」築50年余の木造校舎を改築した宿でのこと。夕食後、食堂に残って就寝時間までお酒でも飲もうと思っていたら、奥で既に楽しそうに日本酒を飲んでいる素敵なおばさまトリオ発見。

ごちそうになっちゃいました!

つい声をかけて「一緒に飲みましょう~~~♪」旅の出会いは楽しいな!
「どこから来たんですか?」
「東京よ~」(オバサマ)
「私も同じです♪何区あたりですか?」
「新宿区ね」(オバサマ)
「えっ?私も新宿ですが。。。」
「あら偶然ね~、私は○○だわ。」(オバサマ)
「げっ!めっちゃ近所じゃありませんか。」

こちらのお子様ママも友達に

素敵なオバサマ達の中にはなんと「新宿子ども劇場」の方もいらっしゃってた。「新宿子ども劇場」といえば「大地の芸術祭」よりもっと歴史がある活動。おまけに事務所はひとまち神楽坂の事務所から徒歩10分くらいという近所さん。こんな偶然ってあるんでしょうか~~~、いやはやもうびっくり!これぞアート。
ついつい新宿話で盛り上がってしまい世界規模の芸術を見に来て神楽坂の話してました。トホホ

今後ひとまち神楽坂のサイトでご紹介出来るかもしれない「新潟から神楽坂の不思議なつながり」を発見できた充実の旅行でした。
「大地の芸術祭」9月17日まで。次回は2021年ですね。
機会があれば皆様もどうぞ行ってみて下さい!