神楽坂に暮らす ~おすすめ神楽坂便利情報サイト~

神楽坂ランチ巡り

2018.08.15 【食】本物の井戸があるビストロ・ido

U子さんに誘われてランチにうかがったのは….神楽坂からはひと駅「牛込柳町」。
もちろん、神楽坂からもぶらっと歩ける距離なのでてくてく散歩がてら
薬王寺通りの小路をちょっと入ってさらに路地を曲がっていくと、ありました!古民家が。

小路にはナゾすぎるパンダ!!!

可愛いと言うよりは怪しげな手作りパンダがお出迎え。(思いっきり手作り~)もちろん、idoさんとは無関係で、この周辺に住む方の趣味なんでしょう。ディープ!
こんなところにお店が・・・
という印象ですが、まさに隠れ家というに相応しい雰囲気があります。

本物の井戸!

重い引き戸を開けるとすぐに木のカウンターが目に入ります。
店内はカウンターと4~6人の椅子席が二つとこじんまりしています

二人連れなのでカウンター席に座ります。
本日のランチメニューは3種類
ビジネスランチはワンプレート
焼き鳥ランチ
豚バラ肉のロースト

少しずつクラスアップした内容になってます
私は真ん中の焼き鳥ランチを注文
同行のU子さんは上の豚バラ肉のローストコースをチョイス。

前菜はサーモンのタルタル?とパン
彩りがきれいな一皿 塩加減も丁度よいのでペロリといきます。
同行のU子さんはスープから始まり、テリーヌが前菜のコースを頼んでいました
こちらもきれいに盛り付けられていました

美しい~~

スープはとてもクリーミーで美味しかったです

メインの串は三種類

ローズマリーの鶏肉
ホタテのハーブ焼き
燻製豚の串焼きが一串ずつもられていて、下にとろみのついたスープが入った一皿です。


イメージした焼き鳥とは違いおしゃれです。鳥だけじゃなくホタテも入ってるし。
スープにはクスクスが入っていて、粒々がアクセントになっています。
どれも焼き加減が絶妙でした

最後に飲み物をいただいて終了
見て楽しく、丁度よいボリュームのコースでした。


気がつけば店内は満席です。
狭いですが、お子さま連れのかたにも親切で、ナポリタンを別に作ってくれたようでした。オープンしたばかりなのにもう「なじみ客」がいるんですね。

聞くところによると、薬王寺通りに面したところにあったウサカフェさんが、場所と名前を変えてリニューアルしたそうです。
もう閉店してしまいましたが、ウサカフェさんの2階の窓側の席、好きだったんで無くなったとき残念でした。

チラシの情報によると、シェフはあのパトリスジュリアンのお店で修業されていたそうで、U子さんは大昔、バブル時代に「白金の店に行ったわ~」と感慨深め。若い人はもうご存じないでしょう(笑)。

ワンプレートのコンフィも美味しそうだったので、また行きたいお店でした。

レポートby ナツコ

7月にオープンしたばかり

<ビストロ ido>
http://www.ido-bistro.com/
新宿区市谷柳町20
大江戸線「牛込柳町駅」東口・南東口より徒歩約3分