神楽坂に暮らす ~おすすめ神楽坂便利情報サイト~

神楽坂に住む

2018.12.03 【住】「神楽坂は猫の町だから…」猫の不動産屋さん

秋も深まってきてしまい、気づけば2018年が終わろうとしている
どうもこんにちは、いつぞやの神楽坂ベビーである。
もう五か月も赤ん坊をしていると、神楽坂での生活に体が慣れリズムが出来始め、契約の日取りがたてこんで夜泣きのように騒いだり、神楽坂でうろちょろしているところをお客様によくみられるようになった。あとこの間寄稿させていただいた記事を読みました、と言われることもあったりして、神楽坂歴六ヶ月目に突入した身分としては大変誇らしいものがある。

それで今回は弊社の話をしようとおもう。弊社の自慢話というよりかは、「なんかちょっと本格的に不動産やさん路線を外し始めたので見てほしい」という気持ちで書くので、どうか気軽にみてほしい。自己紹介遅すぎでは?とおもったそこの方、わたしもそう思っているのでどうか最後までまたお付き合いいただきたい。

うちが不動産やさんとして始まったのが3月で、路線変更の兆しが見られたのがここ一ヵ月の話である。突然弊社の代表が「明日、ビー●スから届け物がくるからよろしく」と言い出したのがすべての始まりだった。衣類関係のものがくるのだろうと同僚と予想していたのだが、中身はこれだった。

なぜ、衣類ブランドの名だたる大手さんから、猫を買うのか。
同僚とわたしは同じこの疑問が頭をよぎったが、相手は弊社のトップである。そう下手なことをいうと後でなにを言われるかわからない。その時すでにうちにも豪徳寺で開店祝いに購入した招き猫が何匹かいて、それに合わせて神楽坂下の和風小物やさんで何匹か買い取ったこともあったので、これもそのうちの一匹かと思ってその場は特にどこに飾りましょうか、という話をして終わったつもりだった。そう、つもり。つもりというのはたいていよくない物事の前触れでもある。そしてその通り、その後代表がヤフーオークションで購入したとみられる大量のにゃんこが、うちにやってきたのである。あまりにもありすぎるのでシリーズごとに追って解説していきたい。

まずはこれ。弊社の勤務(滞在?)歴がわたしと同等の、比較的古参にあたる、招き猫どもである。

中央にあぐらをかいていい感じのアルカイックスマイルで佇んでいるにゃんこが中堅である。ちなみに手前の小さい銀のかたまりは、よくみるとカエルである。彼らは当店の我々営業二人の後ろの棚の一番上で、お客様を審査しているのである。

次にこれ。勤務歴は浅いが、その見た目から感じ取れる出身のばらばらさから「うちはどんな国籍の方でも対応いたします」「英語対応OK」という意味合いをもって、存在しているにゃんこ部隊である。

バリから来たっぽい三兄弟と一番右の国籍不詳なやつ、そして左二匹はもう完璧にエジプシャンである。猫もグローバルなんだからヒトだってグローバル対応できないとダメだよねってことである。
おかげさまでうちには多様な国籍の方がいらっしゃることが多い。成約した事例ももちろんある。これって不動産屋さんの中ではかなり珍しい事例である。なので日本国籍を持っていない方で、賃貸で一人暮らしを始めたい方も、売買で投資用にマンションを買いたいというお客様も、ぜひお立ち寄りいただけたら幸いである。
そしてラスト。店頭にいるレギュラーメンバーのみなさんである。

もはや隣にいるスー●が存在感を発揮しないまでの、この猫の威圧感といったらない。夕方になって仕事が落ち着きを見せ始めたときにふと窓の外から子供の声が聞こえると、十中八九このレギュラーメンバーの誰かを指さしている。人気ランキングでいうと、やはり一位は一番右のでっかい布地にゃんこある。
カットケーキよりもホールケーキのほうが好きという人は、“でっかいから”という理由で好きに違いないと思い込んでいる節がわたしにはあるが、まさしくそういうことだとおもう。でかいものにはロマンがある
二位はやや右よりセンターに位置する、見ざる聞かざる言わざるの猫版である。確かにレア度としては高いので、結構これを見ただけで日光東照宮のあの本家のアレをみたような気持ちになってもおかしくはない。結論まとめると、もはやこれは不動産屋さんなどではない。猫屋さんである。

ということで弊社の紹介というかもはや猫の紹介になってしまったが、こんなに路線変更のはげしい不動産屋さんもそんなにいないんじゃないかとおもう。あやしい者ではないので、ぜひ有事の際はお立ち寄りいただけると幸いである。別に審査の段階で「猫好きではないし、どちらかというと犬派です」といったら内容不備ありと判断して、審査落ちさせるとかそういうことは特にないはずなので安心してほしい。ちなみに社長にこんなに猫買ってどうするんですか、と問うたところ、「神楽坂は猫の町だから…」と言われた。猫の町でお部屋をお探しの方、ぜひ足をお運びください。

ちなみに以下バックステージにて。

↑営業Eのデスクにいる猫。文鎮担当。

↑バイトIくんのデスクにいる猫ども。素材の石感が強いため、ここで対応されると運気が若干上がるとされている

 

↑わたしのデスクにいるやつ。クロネコヤ●トさんにはいつもお世話になっております。

↑窓際レギュラーメンバーバックショット。

文責:株式会社アスレ 狩谷