神楽坂に暮らす ~おすすめ神楽坂便利情報サイト~

ひとりの時間を楽しむ

ひとまちっくす神楽坂 編集部のある日幸ビル(ジョナサンの前のビル)1階に 2018年3月株式会社アスレさんがオープンしました。 つられて笑顔になってしまうような微笑みで迎えてくれるのは、代表の高梨元(…

⇒続きを読む

以前紹介しましたbar   RICCIOさん、昼飲みもできるランチがあると聞き行ってまいりました。 お邪魔すると、何かを煮込んでいるよい香りが。お肉? 何を作っているのか内緒でしたが、そのうちメニュー…

⇒続きを読む

神楽坂から15分ほど離れた外苑東通りは夜になると車通りも少なく、静かな通りです。 その通りの一角、大江戸線牛込柳町から徒歩5分ほどの場所に 昨年5月から小さな明かりが灯るようになりました Cafe&B…

⇒続きを読む

とぼとぼ下を向いて歩いている訳ではないのだけれど、見えてない、見てない事って多いんですね。神楽坂を登りきった、神楽坂Kビルの5階にある「e-refill神楽坂さん」。今年の春にオープンされていたのです…

⇒続きを読む

10月1日の記事で、和ろうそく屋さん「灯AKARI」さんをご紹介したご縁で、和蝋燭の関係者さんにお話を聴く機会があり、聞いてみてすっかり和ろうそくの魅力に取り付かれてしまいました。 お話を聞いてみると…

⇒続きを読む

暑かった夏が過ぎて、秋の風が吹きはじめましたね。 本格的に寒くなる前にということで、神楽坂にある漢方スチーム温浴 temote (テモテ)さんにスタッフ2人でお邪魔してきました。 今日は二人で受けられ…

⇒続きを読む

神楽坂の路地裏をぶらぶらすると新しいお店が出来ているのを発見したりするので面白い。細い路地を入って看板を見つけたので、階段を降りて靴を脱いで上がってみると・・ そこは和蠟燭のお店、アトリエ灯(あかり)…

⇒続きを読む

まんが「僕とシッポと神楽坂」 たらさわみち著 集英社クリエイティブ刊 神楽坂が舞台のまんががあるのをご存じですか? 「僕とシッポと神楽坂」は、獣医師のコオ先生が、 生まれ育った神楽坂で動物病院を開業す…

⇒続きを読む

もしいま自分がいまよりも20歳若かったら、この職業をやりたい!と思うのものが3つあります(3つのどれかですが・・全部できたら無敵です)。大工と庭師とそして寿司職人です。理由は、どの仕事も『手に職』『世…

⇒続きを読む

神楽坂の夏祭りといえば「阿波踊り」です。 でも地元の私は人ごみが嫌で中学生の頃に行ったきり、30年ほどご無沙汰しておりました。最近のお祭りはどう進化しているのか確かめに行ってきました。 お祭りの本番は…

⇒続きを読む

神楽坂で一番のっぽなマンション、アインスタワーの前に2016年4月にオープンした、BOOKバー「余白(よはく)」さん。その名の通り、通常はバーとして、18:00〜23:30で営業しています。 ただ週に…

⇒続きを読む

神楽坂の「夏まつり」が、開催されます。 2部制となっていて、夜中心のお祭りですが、ほうろく焼き(暑気払いat毘沙門天)や歌のイベントなど、午後にも催し物があります。 第1部は、ほおずき市 7月26日(…

⇒続きを読む

都内にはいろんな都道府県の「アンテナショップ」と言われるお店があります。全国各地域の名産品が購入できたり、食事できたりするお店、あるいはその地域の観光案内もしているという、その地域の情報発信の場。その…

⇒続きを読む

神楽坂を登ってすぐ左手のお花屋さんを曲がって、理科大の横の路地からまた少し奥に入ったところに「神楽坂けん」はあります。(熱海湯さんの少し手前です) 入り口の手前に何故か鳥茶屋別館の立て看板があるので、…

⇒続きを読む

最近急に財テクに興味が出て、株や投資信託等の勉強を始めています。 自分の少ない貯金をいかに増やすか、収入が増えそうも無い現状としては切実な望みです。 そこでまず行ってみたのが、「さわかみ投信株式会社」…

⇒続きを読む
123