神楽坂に暮らす ~おすすめ神楽坂便利情報サイト~

ひとりの時間を楽しむ

2017.06.15 モリコで習い事 ”タロットカード入門講座”

ひとまちっくす神楽坂HPの編集会議の開かれている、モリコの事務所でコミュニケーション力をあげるタロットカード入門講座のクラスが
5月31日(水)13時30分〜16時30分の3時間、開催されました。

タロットカードには”怖い””気持ち悪い”という印象を長く持っていたのですが、講師の大塚英文さんは、もともと製薬会社の研究者でいまはボディーワーク「ロルフィング」の施術をする”ロルファー”仲間でもあるというユニークな人物。
ありきたりなタロットカードのクラスになるはずがありません、いままでの印象を払拭してくれるクラスになると期待しての参加です。

集まったのは、看護師さん、リルレクソロジスト、アナウンサー、ロルファーとバラエティ豊かな面々です。
お茶を飲んでお菓子をつまみつつ、終始リラックスした中でクラスは進みます。

タロットなのに、クラスは「質問の仕方」から始まりました。
大塚さんの考えるタロットは、こちらが答えを用意するのでは無くて、相談者が自分の中から答えを見つける方法として存在する物なのです。
なのでどの様な質問をするか、その時にどの様な言葉を選ぶかが、とっても重要になってくるのです。

普通だとここで、それぞれのカードの意味を習うのだけど、「数秘術(すうひじゅつ)」数の話が始まりました。数が持つそれぞれの意味を知り、それをタロットの意味として読み解くのだ。例えば私の誕生日の年月日をそれぞれ足して行くと最終的に「3」になる。(数字は1〜9と考える。10は1と0で1、例外はぞろ目11、22、33です)そこで「3」の意味はというと・・
『3』創造的展開
・明るく素直・天真爛漫
・2つの極に第三の動きが加わって、創造出来る。
・安定の中に変化と可能性があり
・実行力・行動力に恵まれる
・社交的・さっぱり・潔い性格
・子供っぽい・飽きっぽい
・楽天的・ポジティブ
子供の頃に一番好きな数字だったし、自分の性格と当たってる気がします。

3をタロットに当てはめると、女帝のカード、21枚の大アルカナカードを1〜9に別けて3列に並べてみると、3に連なるカードは「吊られた男」「世界」になる。この3枚は数で繫がって、同じ意味を共有している事になるんです。ふ〜む、奥が深い。

そしてまだタロットを習って2時間ちょっとしか経っていないのに、交代でタロットカード占いを実践してみることになりました。出来るかな〜。

相談者に相談したい事を聞いてから、カードをシャッフルして並べる。
まず相談者に一番気になるカードについて聞いてみる。
どうしてそのカードが気になるのか、そのカードが連想させる物事についての好き嫌いや想いでなど。こちらは色々質問をするだけど、相談者から自分の中にある「答え」が次々と出てくるではないか!!
これにはびっくり。相談者もなんだかスッキリした様子。こちらがこのカードの意味は何何〜と説明しなくても、全然大丈夫だ。習ったので早速色んな人に試してみたいと思っています。

今後もモリコでは面白いワークショップを開催していきたいと思いますので、トップページのお知らせをチェックして下さいな。

モリコの事務所は、少人数のワークショップの開催できるスペース、カウンセリングのスペースがあります。平日は、貸し出ししていますので、お気軽にお問い合わせ下さい。変わりガラスに囲まれた、お洒落なスペースです。