神楽坂に暮らす ~おすすめ神楽坂便利情報サイト~

習い事&サークル

2017.08.10 メルカリ講座に参加しました♪

断捨離ブームもあってか世の中ではメルカリが大流行。
家にあって自分はもういらないけれど捨てるにはまだ使えるし。。。
メルカリ流行が理由なのか、あれほどあちこちで開催していたフリマが以前より人が集まらないとか。。。たしかにネットで全国でやり取りできるので便利ですよね。
とはいえ、若い人はいざ知らずある程度の年齢になるとネットのやり取りがなんとなく怖い、億劫、そう思いませんか???
ちょうど7月28日(金)メルカリ講座が開催されるとのこと、参加してまいりました!

用意するものはスマホ、もしくはタブレット。

まずはメルカリのアプリをダウンロード。
その後、ニックネーム、メールアドレス、パスワード、招待コード(任意ですが、この時は教えてくれた先生に招待してもらいました)自分のプロフィール(平日は働いているので連絡が遅れる場合がある、ペットを飼っているので了承してほしいなど)を入れて会員登録します。
携帯番号入力画面に携帯番号を入れるとショートメールに認証番号が届くのでそれを入力。さらに記載されているパスワードを入力、これで完了です〜。
ふぅ、意外にスムーズにできました♪

「試しに売ってみましょう」との先生の言葉。
え〜、いきなり!?でも実践してみないことにはわからないですものね。


まずは出品する商品の撮影です。
右下にある「出品」ボタンを押して「商品写真を撮る」を選択、テーブルに並べた商品を撮影。
写真は1点〜4点載せられます。

商品名、説明、カテゴリー、商品の状態、配送方法、価格などを入力していきます。
けっこう戸惑うのが商品の説明と料金設定でしょうか。
先生のアドバイスとして「検索して同じような商品、カテゴリーの物を探して、商品説明、価格などを参考にするといいですよ」
トップ画面に戻り、カテゴリーやブランドなどから検索してみます。
たしかにありますね〜。この時には雑誌の付録だったので同じ物がすぐに見つかりました。
「価格設定も大事です。売れた商品にはSOLDマークがついているのでいくら位なら売れるかわかります」

メモしながらじゃないと忘れる。。。。

配送方法も迷うところです。
薄くて封筒に入るものは切手を貼ってポストに入れれば簡単ですが、もう少し大きいものになると「ゆうゆうメルカリ便」
「らくらくメルカリ便」「宅急便」などになります。
え?「ゆうゆう」と「らくらく」は何が違うの?????
荷物の厚さ、発送するコンビニ、配送料金など微妙に異なります。慣れれば簡単なのでしょうが。。。
とりあえず、いくつかの商品を出品してみました。
すると驚いたことに数十分後、てぬぐいが売れたとのメールが!
買ってくださった方とメルカリ上でやりとりします。あとは商品を郵便ポストに入れて「商品を発送しました」ボタンを押せば完了です。

よくできたシステムですね〜。
手順もわかりやすく、画面の案内に沿っていけば簡単でした♪
今度は購入もしてみようと思います!

後日談:後日さらに雑誌付録のバッグが売れたのですが、「らくらくメルカリ便」にしようとA4サイズの封筒に入れてファミリーマートに持って行き、端末で手続きも無事完了、レジにレシートを持っていったところ、あとわずかのところで厚さが2.5cmをオーバー(店員さんが幅21cm、厚さ2.5cmのゲージを持って通すよう言われます)、ヤマトの専用ボックスを買う「宅急便コンパクト」になってしまいました。う〜む、送料がかなりかさむ。。。レターパックライトの方が安かったかもしれません。サイズは重要ですね。。。。。勉強になりました。