神楽坂に暮らす ~おすすめ神楽坂便利情報サイト~

2017.03.20 おもてなしと着物レンタル~「神楽坂きものサロン」vol.4 最終回

ひとまち神楽坂サイトの新記事がどんどん更新されたのですっかり最終回の報告が遅くなりました~~~~

今までの流れ↓↓↓ ぜひ読んで下さいませ。
「神楽坂きものサロン」vol.1
神楽坂きものサロン」vol.2
神楽坂きものサロン」vol.3

とうとう着物を着てもらう当日!
この日が来るまで準備打ち合わせの日々。
せっかく着物を着てもらうのだから写真を撮って終わりでは悲しい。
イベントをプラスしたいとお茶の先生にお願いして
箪笥地域センターの茶室を借りて簡単なお茶会も企画。

前日に着物サロンに自前の小物(長襦袢・帯揚げ・帯締め・ぞうり・髪飾り)を運び込んで、お茶会用のお菓子も準備OK。

近所の友人も興味津々

当日は冬の晴れ間でとってもいい天気だったのは本当にラッキー(^^♪

着付けを担当してくれた着物サロンの先生は本当に手際がよくて留学生のアリッサをあっという間に美しい着物姿に仕上げて頂きました。
振袖の華やかな帯結びも先生の手にかかると魔法のように結び上がっているではありませんか。着付けって身体全体を使って作業している姿が無駄ななくて本当に美しい。

協力してくれた友人も親戚のように見守ってちょっとしたイベント気分で盛り上がり、着物姿で15分ほどの箪笥地域センター(牛込神楽坂駅)まで歩きました。毘沙門神社や神楽坂の裏路地を通って写真もばっちり撮影。

プロのカメラマンさん

大江戸線 牛込神楽坂駅の箪笥地域センターでは茶室が借りられるのをご存じでしょうか?区営の地域センターなので料金も驚くほど安く借りられるんです。(もちろん、人気の時間枠は予約が取りづらいかもしれませんが)
部屋と同時に基本の茶道具は無料で借りられるのでお抹茶とお菓子だけ準備すればそれなりにお茶会を楽しめるという穴場です。

お茶の先生

アリッサと同時期にオーストラリアから留学に来ていたジュリアも同席。

お茶の先生は留学生ということであらかじめ正座ではなく椅子を準備して対応してくれました。なるほど、これなら外国人やお年寄りでも苦しくなくお茶を体験出来ますね。

椅子に座って

さらにお抹茶の味にも気を使って頂き“苦みが少ないお抹茶”というものを準備してくれて、どこまでも日本人の細やかな気配りに頭が下がります。

撮影した写真の出来栄えも良かったので、製本サービスをオーダーしてみました。ハードカバーのやや高めなものを選んでも千円ちょっとなので驚くほど安い。写真もこういう時代になったんですね~~~

2冊作って、アリッサのお土産に持たせました。オーストラリアに戻ってからも思い出してもらえるといいなぁ。何よりも今回は交換留学だったので娘の高校の先生がこのアルバムを喜んでくれたみたいです。

着物の準備は大変でしたが振袖じゃなければ、もっとリーズナブルに借りられる着物もあり準備もらくちんです。着物サロンでは3000円で販売されてる着物もありますからレンタルするより安いかもしれませんよね。

そして地域センターは午前中借りてお部屋の料金は800円
お抹茶とお菓子は準備して下さい。予約はセンターの窓口のみです。

茶室

差し入れの「ラーメンケーキ」こちらは新宿駅で購入。
https://matome.naver.jp/odai/2142491106053859601

かなりうけてました

「外国人のおもてなし」だけじゃなく 友人同士でも着物を着てちょっと神楽坂をぶらついて、軽くお茶のレッスンをしてアルバムに残してみる、そんな休日もなかなかリーズナブルに楽しめそうです。